« 全道高等学校弁論大会 | トップページ | タイヤ交換 »

2009年10月24日 (土)

CS第2ステージ 第3戦

北海道日本ハム2―3東北楽天。

ナイスゲームでした。初戦の逆転サヨナラ満塁ホームランも、凄かったが。あれは、お互いの救援陣がいまひとつだったための結末だった。面白かったけれど大味だった。

八木がコントロールに苦しんで4回に3失点したが、先発の役割は果たした。救援陣も4人で1イニングずつ0に抑えた。打っては高橋の出会い頭だけではなく、森本の犠飛で田中から追加点をもぎ取った。締まった試合だったのは、両チームとも四球が一つずつだったことからも判る。

なにより、ファイターズの選手に笑顔が見られ、野球を楽しんでいる様子が伝わってきた。3勝0敗の余裕だろうが。

笑顔といえば、楽天の田中も、8回のピンチ、アドレナリンが出まくり鬼神のような迫力の投球の合間にも笑顔が見えた。ピンチを楽しむ余裕だろうか。

北海道の野球観戦者には、当然ファイターズファンが多い。それに劣らず駒苫以来の田中ファンも多い。そして両者は、少なからず重なっていると思う。私もそうだ。

もし、ファイターズの0勝2敗で、田中を迎えたのだったら、こんなのんきな文章は書けなかっただろう。(^^;;

このブログで野球に触れることはほとんど無かったが、昨日の試合は、ファイターズ&田中ファンのわがままな要求に応えてくれた稀有な好試合だったと、覚書的に。

|

« 全道高等学校弁論大会 | トップページ | タイヤ交換 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115300/46568816

この記事へのトラックバック一覧です: CS第2ステージ 第3戦:

« 全道高等学校弁論大会 | トップページ | タイヤ交換 »