« ノラニンジン | トップページ | 天女ヶ原 »

2009年8月10日 (月)

旭岳登山

090808_asahidake_panorama_hokutin_e  なぜか、アウトドア(?)に目覚めた次女。「登山がしたい。旭岳に登りたい」と言い出した。こちらも、たまには高山植物のご機嫌を伺いたいところなので、利害が一致。計画を立ててみた。夏休みとはいえ、いろいろ予定が詰まっていて、8月8日(土)だけが唯一実行可能日だった。

 写真は山頂から北東方向を望む。左から半分雲に隠れた鋸、すっきりとした山容の北鎮、凌雲、台形の黒岳、北海、とんがった烏帽子、手前は熊ヶ岳。

 足元はテニスシューズ(次女)とワークブーツ(私)のナンチャッテ登山なのだが、それでも次女の雨具を購入するなど最低限の準備を進めていた。その矢先、トムラウシの集団遭難が起こる。少し山を甘く見ていたらしい次女も認識を改めたようだ。たった一日のチャンスだが、荒天の場合は中止という判断に素直に同意した。週間予報では最初傘マークだった予報も8日が近づくにつれお天気マークに変わり、結局は絶好の登山日和に恵まれた。

 帰省中の長女は膝の故障で残念ながら次の機会に。ゴンの散歩と店番を引き受けてくれた、あんに感謝。

 登りはロープウェイを利用、下りは天女ヶ原を歩いて降りるコース。登山初体験、運動部マネージャーの次女との行動なので、ガイドブックの標準時間も信用できず(^^;;。こうめさんの記録を参考にさせてもらいました。

 実際には、姿見の駅から旭岳登頂までは2時間。足元が軽いこともあって30分ほど短縮しました。また、この日は7月の天候不順の影響で人出が多くなるかと心配でしたが、ロープウェイも登山中も渋滞なく快適に行動できた。

 下りは慎重に降りたこともあって(旭岳の事故の大半は、下山中の転倒事故です)、旭岳―姿見の駅1時間50分、姿見の駅―旭岳温泉1時間55分。決して「身の軽い」とはいえない次女にとってテニスシューズは機能不足(下山時のグリップ)だったようで、次の機会があれば軽登山靴を用意しようと。

 ロープウェイを使わない下りは、予想以上に険しいところもありましたが(ちょっとなめてたσ(^^;)、かえって次女の達成感を増幅していたようでした。

 私も、通りすがりのスナップショットながら、約25種類の植物の姿を獲得。(^^)v

090808_gezango_p  早朝はスカスカだった駐車場も帰りは一杯でした。(^^;;

 帰路は、大雪旭岳源水で湧水を(翌日のトライアスロン大会の給水所になっていました)、東川の道の駅でシフォンケーキをおみやげにしました。次女が小腹がすいたと買ったメロンパンも美味しかったな。

 翌日、登校中の次女からのメール、「階段下りるのと、ゆるい下り坂めっちゃキツい( Д))!!」。 

 

|

« ノラニンジン | トップページ | 天女ヶ原 »

コメント

登山日和でしたね。お疲れさまでした。
我が家のタイムを標準タイムにしていただきありがとうございました~。
上りの短縮度合いから行くと下りはもっと短縮できそうな気もしますが、夫は下りがめっぽう強いのでいつも私が置いていかれます。
テニスシューズだとちょっと大変でしたね。

実は、私も今月5日に町内の山岳会で旭岳に登ってきました。天候は曇。山頂でようやく時々ガスが晴れる程度でしたが、黒岳方面も見えて嬉しかったです。

投稿: こうめ | 2009年8月10日 (月) 18時37分

こうめさん、まいど。

>夫は下りがめっぽう強いので

あ、そうでしたか。なら、大健闘です。うちの次女。(^^)
天女ヶ原界隈の虫も拍子抜けするほど少なくて恵まれた山旅でした。

投稿: ふれっぷ | 2009年8月10日 (月) 20時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115300/45887184

この記事へのトラックバック一覧です: 旭岳登山:

« ノラニンジン | トップページ | 天女ヶ原 »