« NAHAマラソン | トップページ | 全日本実業団対抗女子駅伝 »

2006年12月14日 (木)

アジア大会 ヨンケー

 アジア大会の陸上競技が終了しました。

 マラソンや100mが「陸上の華」ですが、楽しみな種目がマイル(4×400)とヨンケー(4×100)のリレー種目です。これは、どのレベルの大会でも盛り上がりますね。(^^)

 アジア大会の日本男子はタレントが揃っていて、両種目でも金メダルが取れるんじゃないかな?と、思っていました。結果はマイルが4位、ヨンケーは同タイムの2位でした。

 マイルの方は、最初のバトンミスで慌ててしまって、それを最後まで引きずったレースに見えました。金メダルにこだわりすぎたのかな?

 さて、タイトルのヨンケー。覇者はタイでした。個人の走力は日本のほうが上。100m銀の塚原、200m金の末続、コーナーの上手い大前、200m銅の高平です。

 1,2走でリードを広げ・・、という構想だったのでしょうが、タイが追いすがってきました。それでも、3走からアンカーへのバトンパスの直前には、体一つリードしていました。

 ところが・・、パスの瞬間、タイの選手の腕がスルスルと伸びて(私にはこう見えた)、バトンが渡った時には、逆に体半分のリードを許していました。

 結果、高平選手の追い上げわずかに及ばず、同タイムの2位。(同タイムに弱いなぁ、男子マラソンといい)

 日本チームのリレーが失敗したとは思えません。予選よりタイムを縮めていますし・・。

 聞けば、タイではヨンケーは国民的人気種目とか。どんな大会でも、リレーのある最終日はスタンドが一杯になるとか・・。タイのお国柄に脱帽したレースでした。

 今日はゴンと4k。

※追記

 タイはこのレースで、タイ記録を更新したらしい。

(ややこしいね) National Recordを更新ということ。(^^;;

|

« NAHAマラソン | トップページ | 全日本実業団対抗女子駅伝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115300/13065289

この記事へのトラックバック一覧です: アジア大会 ヨンケー:

« NAHAマラソン | トップページ | 全日本実業団対抗女子駅伝 »