« アジア大会 ヨンケー | トップページ | 冬休み »

2006年12月18日 (月)

全日本実業団対抗女子駅伝

 小幡佳代子さんのファンとしては、やはり書いておかないと。(^^;;

 昨日、岐阜で行われた表記大会で、小幡さんが走りました。一週間前、酷暑のドーハアジア大会でフルマラソンを走った(銅メダルを獲得)ばかりです。

 選手層の厚くないチーム事情からすれば、二週続けての真剣勝負も止むを得ないのかなあと。起用されたのは、チームのアンカーでした。

 3区、5区の10k以上の区間はエース区間ですが、アンカー(6.6K)も責任重大です。資生堂は弘山晴美という大エースを起用したくらいですから。

 テレビの映像では、ほとんど小幡さんの走りを見ることは出来ませんでした。というか、資生堂と三井住友海上の、あのデッドヒートでは他のランナーを映しようがなかった。

 で、記録からみると、エースの走りは出来たようです。区間4位、順位を上げることはできませんでしたが、1分近く離れていた前のランナーを1秒差まで追い詰めました。

 丁度、小幡さんがゴールを目指してトラックを周回している時、資生堂チームの優勝インタビューが行われていましたが、スタンドから「おばたっ!おばたっ!」という大きな声援が聞こえてきました。声の主は、はやさんだったのかなぁ?(笑)

 ゴールシーンは見れました。残念ながら僅かに前のランナーに及びませんでしたが、いつものあの形相で、必死のゴールでした。

 チーム事情でこんな厳しい連戦になったとはいえ、いずれも期待に応えた走りをした小幡さん、お疲れ様でした。

 小幡さんのチームでは、1区を走った桑城さんも光りました。800や1500の中距離出身のようですが、今シーズンは長い距離でも力を発揮し始めたようです。スピードランナーの揃った区間で4位はこれからの自信につながるでしょう。小幡さんの後輩の藤永さんを抑えたし・・。(^^)

 資生堂の弘山さんは、念願のマラソンと駅伝の「初」優勝を達成しました。おめでとうございます。資生堂が合宿する街の市民としては、大変嬉しいです。

 今日はゴンと5k、あんは10k。

|

« アジア大会 ヨンケー | トップページ | 冬休み »

コメント

資生堂の弘山さんの区間新はすごかったです。コースが1区のほとんど逆で、5mだけ短いのですが、1区区間賞のデオデオの選手よりも弘山さんの方が速いです。

しかし、小幡さんはもっとすごい!つい先週、暑いドーハでマラソン走ったばかりなのに、寒い岐阜でも最高の走りでした。

すごいですっ!おばたさん!

投稿: きまぐれ はや | 2006年12月18日 (月) 17時43分

はやさん、まいど。

生で観戦したんですよね、うらやましい。(^^)

ホント、小幡さん、弘山さん、すごいですねぇ。
他にもすごかったのは、ホクレンの赤羽さんは出産後4ヶ月で1区(チーム事情があったらしい)を走りました。
敗れたとはいえ18歳の大崎さんは、ルーキーながら東日本でもアンカーを務め(区間賞)ました。なにより、勝負に徹する弘山さんをあおりにあおって「区間新」で走らせたのですから。

みんな、すごいです。(^^)

投稿: ふれっぷ | 2006年12月18日 (月) 18時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115300/13112063

この記事へのトラックバック一覧です: 全日本実業団対抗女子駅伝:

« アジア大会 ヨンケー | トップページ | 冬休み »