« 堅雪散歩 | トップページ | 堤防解禁 »

2006年4月12日 (水)

リトル・ランナー

 今日は、アクセスサッポロで、食材の展示会に参加。いろいろ刺激を受けてきました。営業に反映できるかは未定ですが・・。(笑)

 で、あんも休日だったので、ひさしぶりにデート。帰りに映画館によって表題の映画を見てきました。FRUNのホームページにリンクがあったので、見たいなぁと思っていたものです。

 舞台になったレースは1954年のボストンマラソン。14歳の少年が半年のトレーニングで、優勝争いをできるものか、というツッコミはあるものの(1953年の優勝者は山田敬蔵さん、優勝タイムは2時間19分です。)、後半の「心臓破りの丘」からのデッドヒートのシーンには、胸を締め付けられ、不覚にも涙がこぼれました。

 歳かな?

 とはいえ、歳をとってよいことも。なんと、その映画館では、私の年齢のものが夫婦で映画を鑑賞すると、2人で2000円でした。(ラッキー♪)

 今日は、あんとゴンとjog5k。

|

« 堅雪散歩 | トップページ | 堤防解禁 »

コメント

お久しぶりです。
私は、封切の日にさっそく
駆けつけて観ました。

ボストン、一度走ってみたくなりました。

投稿: moai | 2006年4月12日 (水) 20時46分

moaiさん、コメント、トラックバックありがとうございます。
封切初日は、整理券配っていたのですね・・。私の観た映画館では「こぎつねヘレン」との交互上映で、しかも観客は5名でした・・。おかげで、ゆったりと鑑賞できましたが。(笑)

投稿: ふれっぷ | 2006年4月12日 (水) 21時26分

昨日は札幌だったんですね。

ふれっぷさんも、その年齢になったのか...うちはまだ一度も活用していません。

投稿: NAOJI | 2006年4月13日 (木) 05時07分

NAOJIさん、まいど。
はい、その年です。(^^;;
2人で映画、って、なかなか機会が無いというか、私が「見たい!」と思うものが少ないので。ま、たまにはよいですね。

投稿: ふれっぷ | 2006年4月13日 (木) 13時14分

ふれっぷさんに感動の涙を流させた「リトル・ランナー」是非みたいですね!
でも、残念ながら、今のところ、近くの旭川で、公開はない様です。
私達夫婦は、映画好きなので、時間をやり繰りして、月、1本以上は観ていますが、最近、これって言う映画にであえなくてね…。
あぁ、観たいなぁ!

投稿: おけい | 2006年4月14日 (金) 09時08分

おけいさん、まいど。
 登場人物は、学校一問題児の主人公、病気の母親、気の弱い親友、病院でボランティアしている女子学生、理解のある先生(元オリンピック代表)、厳格な校長、優しい看護婦さん(元オリンピック代表)。と、まぁ定番の青春映画なのです。
 が、心臓破りの丘からのラスト10k、フルマラソン終盤の苦しみ。これにラジオの実況、沿道の声援、ラジオを聞いての応援のシーン。もぉ、簡単にツボに入りました。(笑)

投稿: ふれっぷ | 2006年4月14日 (金) 11時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115300/9554657

この記事へのトラックバック一覧です: リトル・ランナー:

» 『リトル・ランナー』封切! [クライマーズ・ハイ]
「なんで走っているのですか?」   くれぐれも、そんな難しいこと訊かないでくだ [続きを読む]

受信: 2006年4月12日 (水) 20時43分

« 堅雪散歩 | トップページ | 堤防解禁 »