« 光開通 | トップページ | 堅雪散歩 »

2006年4月 6日 (木)

走れ、ヒョンジン

 「マラソン」を読んだ後、この本が読みたかったが、ずっと「貸出中」で、その間、図書館で何冊も借りて、最近は空海がマイブーム(死語?)でしたが、昨日とうとうゲット(死語?)。

 「マラソン」の荒唐無稽な話より、ずっと心に響きました。驚いたのは、ほとんどトレーニングの知識を持たずに息子(しかも重度の自閉症児)をサブスリーで走らせてしまったことです。唯一、専門家のアドバイスらしいものとして「週に二回、90分以上走ること」というのがありましたが、リディアードの理論と一致します。が、これくらいで・・と。

 これに比べると、この本で大きな分量を占めるロングのトライアスロンの完走は、韓国トライアスロン連盟のバックアップもあって、私の視点からでは小さなものに見えてしまいました。(とはいえ、バイク用のシューズでない、ペダルに固定しないシューズで走りきってしまうのは、それはそれで凄いなと思いましたが)

 「マラソン」の「お口直し」としては、期待以上でした。

 で、今日は、吹雪!!ゴン散歩は、川原の固雪散歩2k。くじけました・・。σ(^^;)

|

« 光開通 | トップページ | 堅雪散歩 »

コメント

ふれっぷさん、ご無沙汰してます。京丸です(覚えていらっしゃらないかもしれませんが、その昔FRUNでお世話になりました)
私も「走れ、ヒョンジン」読みました。「マラソン」はちょっと不評でしたが、この本は良かったですね~。
そういえば、訳者さんは埒被害者の蓮池薫さんですね。

投稿: 京丸 | 2006年4月 7日 (金) 10時31分

京丸さん、こんにちは。ブログのほうは時折拝見しておりました。
蓮池さんの文章は、ちょっと硬いなって印象がありますが、著者の激情的ともいえる性格を、よく表わしているように感じました。

投稿: ふれっぷ | 2006年4月 7日 (金) 15時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115300/9462896

この記事へのトラックバック一覧です: 走れ、ヒョンジン:

« 光開通 | トップページ | 堅雪散歩 »