« タイヤ交換 | トップページ | 最高気温2℃ »

2005年11月16日 (水)

月と火星

051115mm  昨夜は、久しぶりに晴れました。満月直前の月が火星と並んでいてとても楽しげでした。ということで、手持ちでツーショットをパチリ。

 とはいえ、晴れれば冷え込みも厳しくなります。この写真を撮ったときは、すでに氷点下でした。

 今朝のゴン散歩、3k。水溜りが凍っていて、ちょっと走りづらい。

|

« タイヤ交換 | トップページ | 最高気温2℃ »

コメント

月と火星、見ました~。kenjiも見たようです。楽しげって感じわかります。

投稿: こうめ | 2005年11月16日 (水) 22時09分

月明かりの中走っていて、月の隣に結構輝いている星、何かな~と思ってましたが、火星なんですか。勉強になります(笑)。

投稿: gen | 2005年11月17日 (木) 09時02分

こうめさん、genさん、こんにちは。
冬の満月は、頭上高く昇るので特に明るいですね。これから雪道になったらますます冴えますね。

投稿: ふれっぷ | 2005年11月18日 (金) 14時19分

先日観測結果をまとめて、校内の発表会で発表しました。
旭川からの観測写真、ありがとうございました。ほかの地域はほとんどだめだったので、ふれっぷさんの写真が無かったらどうなっていたか分かりません。おそらく発表に行き着けなかったと思います。
ふれっぷさんの写真のおかげで計測を行うことができ、無事発表することができました。ありがとうございました。
                       研究班 代表生徒 Y.佐々木

<結果>
・月の大きさを合わせて、写真を重ねると木星の位置にズレ(視差)ができるので、その視差a(cm)をはかる。
・写真の月の直径b(cm)と月の見かけの大きさc(度)を調べる。
・ズレ(視差)をx(度)とすると、
b:a=c:x
また、a=0.7cm、b=2.2cm、c=0.5°なので、
x≒0.16となる。
月までの距離をr(km)、2点間の距離(恵那‐旭川間)をs(km)、写真のズレ(視差)をp(度)とする。また、観測時の恵那から見た月と旭川の成す角度は約123°なので、
r=(s×180÷π×sin123°)/pとなり、
r=(1200×57.3×0.8387)/0.16=360431(km)≒360000(km)
実際は38万kmで、意外と近い結果になりました。

投稿: 岐阜県立恵那高等学校2年生 | 2005年12月 2日 (金) 22時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115300/7146146

この記事へのトラックバック一覧です: 月と火星:

« タイヤ交換 | トップページ | 最高気温2℃ »