« 10000mT.T. | トップページ | 月と金星 »

2005年8月 8日 (月)

宮本武さん

 先日、宅配便が届きました。送り主の住所と電話番号が書かれていましたが、名前がありません。不審に思いながら開封すると、この本が入っていました。「盲導犬ジョナと登った3000m 挑戦しつづける、宮本武」石黒謙吾著、学習研究社

 中には、プリンターで印刷された手紙が添えられていました。「 拝啓 私は、富山県に住んで居ります全盲のランナー 宮本 武と申します。・・」以下は、印刷の状態が悪く、判読できませんでした。

 思い出しました。6年前、宗谷岬から沖縄まで、走って日本縦走された方です。FRUNの会議室でkadoさんが、サポートを呼びかけていました。最短コースから少し離れるけれど、もし良ければと、伴走の方と一緒に我が家に宿泊していただいたのでした。

 お礼の電話をと思ったのですが・・。「この電話は、現在使われておりません。・・」困ってしまって、kadoさんの掲示板で、SOSを発信しました。早速、kadoさんと、うずらさんから、電話番号を知らせるメールが届きました。宅配便のお兄さんが、電話番号を書き間違えたようです。

 また、うずらさんからは、読めなかった手紙のテキストを転送してくれました。なんと、そこには宮本さんのeメールアドレスまでありました。日本縦走のとき、全国を自在に情報が行き交うパソコン通信(当時)に触発され、62歳になってからインターネットスキルを獲得されたというのです。

 本は、視力を失って絶望の淵に立たされた宮本さんと盲導犬との出会い、富士登山や日本縦走など、希望と勇気を与えてくれる内容で一杯でした。巻末のほうには、日本縦走の時の「寄せ書き」の写真がありました。当時、小学4年生と1年生だったわが娘の書き込みまでありました。

 夜、宮本さんから電話がありました。私が不在だったため、あんが対応しましたが、宮本さんの記憶の詳細さに驚いていました。

 娘達が、夏休みの読書感想文の課題に、この本を選んだのは、言うまでもありません。(笑)

tuyukusa  庭のツユクサ。

 今日は、ゴン散歩かねてjog60分6k。

|

« 10000mT.T. | トップページ | 月と金星 »

コメント

宮本さん、懐かしいですよね。
札幌から小樽まで一緒に走らせてもらいました。
その時は、宮本さんのタフさには本当に驚かされました。
あれから6年も経つんですか~。

投稿: こうめ | 2005年8月 8日 (月) 23時29分

6年で、子どもは大きくなりました。大人は成長しないなぁ。(^^;;

投稿: ふれっぷ | 2005年8月 9日 (火) 11時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115300/5365662

この記事へのトラックバック一覧です: 宮本武さん:

« 10000mT.T. | トップページ | 月と金星 »