« 大会前日 | トップページ | A標準突破ドキュメント »

2005年6月30日 (木)

日本人国内最高

 よいものを見逃した。(号泣)

 ドナルドさんの自己ベスト更新もそうだが、三津谷選手のA標準突破だ。

 晴れたので、天体観測室勤務があった。来年は絶対、勤務調整をしなきゃ。

fukakyo1 で、ゴン散歩の後、昨夜の余韻を求めて、競技場で45分jog。ここで、日本人国内最高記録となる27.41.10が、でた。まだ、スポンサーの看板や投光器が残っていて、歓声の残響が聞こえるようだ。

fukakyo2  こちらは、バックストレート。

 陸連の不手際で、当事者達(含む陸連)の苦悩は大変だったに違いないが、それを一掃する三津谷選手、サポートのサムエル・ワンジル。

 見逃した魚は、大きい。

|

« 大会前日 | トップページ | A標準突破ドキュメント »

コメント

天気が良くて、残念でした(涙)。
国内最高のレースが深川でできたことで、また来年からもディスタンスチャレンジは盛り上がるでしょう。
来年こそ…(笑)。

投稿: きまぐれ はや | 2005年6月30日 (木) 12時18分

いつも書き込みしてくれてありがとうございます。
初めてふれっぷさんのブログに書き込みさせてもらいますね。
三津谷選手の走りは、僕の実際には見てませんがタイムを聞いただけですごさが伝わってきますね!
三津谷選手、大森選手、世界選手権頑張ってほしいですね!

投稿: しゅういち | 2005年6月30日 (木) 21時36分

はやさん、こんにちは。しゅういちさん、いらっしゃいませ。(笑)
そ、絶対来年は休みを取りますっ!!
で、しゅういちさんは、某バイクメーカーですね。

投稿: ふれっぷ | 2005年7月 1日 (金) 10時54分

ドナルドさんの自己ベスト更新も、三津谷選手のA標準突破も、この目で見てきました。
おまけにウイニングランをする三津谷選手とのハイタッチまで。

痛む足を引きずっていった甲斐がありました。

投稿: Ogaman | 2005年7月 1日 (金) 12時49分

Ogamanさん、こんにちは。
く、く、く、くやしぃ~。

投稿: ふれっぷ | 2005年7月 1日 (金) 21時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115300/4769676

この記事へのトラックバック一覧です: 日本人国内最高:

» 男子10000m世界選手権選考問題 [☆Bannister-stile☆]
ホクレンDistance Challenge 2005 三津谷 祐(トヨタ自動車九州) 27分41秒10(日本歴代3位) 国内日本人最高 掲載がやや遅れはしたが、私としてはこの記事を外すことは出来ない。事件は日本選手権最終日、10000m終了後の翌日に起きた。 その時点で唯一のA標準突破者... [続きを読む]

受信: 2005年7月 1日 (金) 20時57分

« 大会前日 | トップページ | A標準突破ドキュメント »